フローリング張り替え

長く暮らしていると、フローリングの傷やシミ、色褪せといった劣化が気になってくるもの。
床は部屋の空間の大部分を占めているため、劣化が進むとお部屋全体の印象も暗くなりがちです。
劣化は放っていても良くなることはないので、劣化が気になりだしたら、張り替え時のサイン。
日々の生活や暮らしぶりは、住まいの環境に影響されるといっても過言ではありません。
綺麗な床材に張り替えて、気持ちを新たに生活を一新させましょう。

 

フローリング張り替えの流れの一例

【1】既存の床材を除去
まずは、傷んでいる床材を剥がしていきます。
この際、床と壁の継ぎ目部分にある「巾木(はばき)」を傷つけないよう、丁寧に対処いたします。
床材の下地材も取り外し、次の造作作業が万全に行えるよう、キレイにゴミを取り除きます。

       ▼

【2】下地の造作作業
次は下地の造作作業を行っていきます。
新しく張るフローリング材がこれまでの床面の高さに合うよう、下地の高さを丁寧に図り、造作を行います。
新しい下地材を取り付けて固定した後、最後に合板を設置し、接着剤でしっかりと固定。

       ▼

【3】フローリング張り
フローリング材を部屋の形に合わせて張り合わせます。
隙間ができたり、高さに狂いが出ないように美しく施工するのが、プロの腕の見せ所。
フローリング材と下地の合板を接着剤で貼り合わせ、ヘラで薄く均質に伸ばします。
その後、フローリング材を一枚ずつゴムハンマーで叩きながら、接着・固定を行います。

      ▼

【4】巾木(はばき)の取り付け
最後の仕上げとなるのが、巾木(はばき)の取り付けです。
壁と床の境界となる部分に、接着剤で巾木を固定。
巾木を設置する際は、壁紙を傷つけないよう、最新の注意を払います。
接着剤が乾くまで、養生テープで動かないように固定しておきます。

      ▼

【5】完成
養生テープを剥がし、しっかりと巾木が固定されているのを確認したら、フローリングの張り替え完了です!

一覧ページに戻る