お知らせ

リフォームのよくある失敗例!後悔しないためには?

リフォームをすれば、生活は今よりももっと便利で快適ものになります。
しかし、リフォームにかかる費用は決して安いものではありません。
だからこそ、「失敗したくない!」という想いは強いかと思われます。
失敗を恐れて、なかなかリフォームに踏み出せないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は、リフォームのよくある失敗例をご紹介いたします。
失敗例から学んで後悔しないリフォームにしましょう。

■リビングリフォーム

○クロス・フローリング選びで失敗
リビングリフォームでよくある施工が、クロスの張り替えやフローリングの張り替えなどです。
クロスやフローリングは、部屋の印象を大きく左右するものです。
「イメージと違った……」「すぐに傷んでしまった……」など施工後に後悔してしまうということが考えられます。
そのため、部屋に合った、色、機能を考慮して選ぶ必要があります。

○間仕切りをしたら自然光が入らない
部屋の間取りを変更するリフォームとして、間仕切りを施す方法があります。
この場合は、今まで部屋全体に入っていた自然光が遮られてしまう恐れもあります。
また、リビングにある窓の数や時間帯によっての光の動きは変化します。
一般的にはイメージしにくい部分ではありますので、リフォームのプロにしっかりと相談するのがおすすめです。
リビングの広さや形によっては、空間が区切られ狭く感じることもあるので注意しましょう。

■キッチンリフォーム

○キッチンの高さ・奥行きを意識しなかった
キッチンの高さは、使い勝手に大きく影響します。
ワークトップの高さが身長と合わず、調理しにくくなったと感じるケースも多いです。
あまりに合わない場合は、首や腰を痛める原因にもなりかねないため注意しましょう。
使用機会の多いキッチンは、ちょっとした使い勝手の悪さもストレスにつながってしまいます。
キッチンの高さは「身長÷2+5cm」を目安にしましょう。

○家電のコンセントが届かなくなった
キッチンのリフォームをしたのはいいものの、家電の置き場が変わったらコンセントが届かなくなったなんて失敗もあります。
キッチンは、電子レンジ、トースター、ポットなど、家電製品を多く使用します。
そのため、家電の使いやすい場所にコンセントがあるかどうかは重要なポイントです。
あらかじめどこで家電を使用するか、明確にしましょう。

■お風呂リフォーム

○浴室が狭くなった
「ゆっくりとバスタイムを楽しみたい」と考える方が思い浮かべるのがワイドタイプの浴槽。
お子さんと向かい合って入浴できますし、足を伸ばして一人で広々浸かることもできます。
しかし、浴槽を広げると、浴室全体が狭くなることになります。
そのため、浴槽と洗い場のバランスを考慮する必要があります。
浴室の広さについては、ドアのタイプによっても影響されるため、お風呂の扉を折れ戸や引き戸にするのも1つの方法です。

○カビだらけになってしまった
浴室は家の中で最も湿気がこもりやすい場所です。
壁材や床材を変えたがゆえに、浴室がカビだらけになってしまうこともあります。
浴室の壁や床には、防カビ効果や抗菌効果のある素材がおすすめです。

■トイレリフォーム

○便器が大きすぎてトイレが狭く感じる
トイレ空間のスペースを確認せずに、大きすぎる便器を入れてしまうと、トイレ空間が狭く感じることがあります。
大きな便器は座りやすくてよさそうに感じられますが、十分なスペースがないと狭く圧迫感を感じるようになるため、注意が必要です。

○ドアの設置を失敗して入りづらい
トイレのリフォームの際に、ドアの開き方を変更する場合もあるかと思います。
トイレの外のスペースを考えて内開きにした場合には、ドアを開けた際にスリッパが引っかかってしまいます。
また、狭いトイレの場合は、ドアが邪魔でトイレから出にくくなってしまうとことも。
ドアの設置を変更する場合は、トイレ内のスペースについても配慮が必要です。

■まとめ
今回は、リフォームのよくある失敗例をご紹介いたしました。
リフォームはどれも、施工の目的とイメージを明確にすることが重要です。
とは言え、リフォームをする機会は決して多いものではありません。
わからないこと、予想できないことがあるのは当然のことです。
リフォームに不安を感じているのであれば、佐藤工務店にお任せください。
豊富な知識と経験から、お客様にとって最適なご提案をさせていただきます。


佐藤工務店からのお知らせ

このページでは、臨時休業日や耳より情報などのお知らせを随時UPしてまいります。
お得な情報満載ですので、こまめにチェックしてみてくださいね!